読書のすすめ!(でんでこまんま) 

成功本の影響で公務員を辞めました・・。本は大好きです。得た知識の実践も体張ってます・・。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

安心して産める社会に=「誰も責める気ない」-死亡妊婦の夫が会見

安心して産める社会に=「誰も責める気ない」-死亡妊婦の夫が会見

今日はこれ・・。時事通信より。

東京都内で8つの病院に救急搬送を断られた妊婦(36)が脳内出血で死亡した問題で、夫の会社員男性(36)が27日夜、厚生労働省で記者会見し、「妻が浮き彫りにしてくれた問題を、力を合わせて改善してほしい。安心して赤ちゃんを産める社会になることを願っている」と訴えた。
 
夫によると、妊婦特有の高血圧もなく健康だった妻の容体が変わったのは4日夕。掛かり付けの産科医院に着くころには頭痛が激しくなり、医師が搬送先を探している間中「痛い痛い」と言い続けていた。「こんなに医療が発展している東京でどうして受け入れてもらえないのか、やりきれない思いだった」。
 
約1時間後、都立墨東病院での受け入れが決定。救急車では「痛い」とも言わなくなり、「目を開けろ」と言ったら辛うじて開ける状態。「病院に着くころにはもう開けなかった」と振り返り、声を詰まらせた。
 
搬送要請で、医師は頭痛が尋常でない状況を伝えていたといい、「伝わらないはずがないと思うが、誰も責める気はない」と夫。

最初に断った同病院の当直医について「傷ついて辞めるようなことになったら意味がない。絶対辞めないでほしい」と話した。
 
さらに脳死状態で3日間を過ごした妻が亡くなる日、保育器に入ったままの赤ちゃんを連れてきて妻の腕に抱かせてくれて、親子水入らずの短い時を過ごしたエピソードを披露。「墨東病院の医師も看護師も本当に良くしてくれた。彼らが傷つかないようにしてほしい」とした。
 
夫は、医師不足や搬送システムなど浮き彫りになった問題について「のど元過ぎれば忘れるのではなく、具体的な目標を持って改善に向かってほしい。何かが変われば『これを変えたのはおまえのお母さんだよ』と子供に言ってあげたい」と話した。

立派なお父さんだ・・。自分の感情だけで人を責めず、次に生まれ来る子供達の事を考えて発言できる・・。

素晴らしい!!

わしが、同じ状況ならば、こんな思慮深い発言が出来るだろうか・・。

絶対、病院と医師を責めている・・。そして、責任を感じる→医師やめる→ますます人手不足・・。

今のお医者さんは大変だと思う。小児科、産婦人科は特に医師不足らしい・・。ほとんど、家にも帰れない方もたくさんいると聞く・・。

現状は厳しいけれども、変化を起こさなくてはいけない。政治って本当に大事・・。

わし自身も子供がいる身、ご両親の無念を思うと涙が出てくる・・。

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
[ 2008/10/28 ] | 雑談 | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otokumonn.blog43.fc2.com/tb.php/81-bc920430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

かもまん大佐

Author:かもまん大佐
FC2ブログへようこそ!

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

お知らせ

検索フォーム

あし@

あし@

QRコード

QRコード

でんでこ

全記事表示リンク
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

プレスブログ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

かうんた
しなぷす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。