読書のすすめ!(でんでこまんま) 

成功本の影響で公務員を辞めました・・。本は大好きです。得た知識の実践も体張ってます・・。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

読書のすすめ 市役所の小川さん、哲学者になる転身力

市役所の小川さん、哲学者になる 転身力

こういう人大好きです。

面白い人って世の中にはたくさんいますねぇ。

たぶん、読む人は限られてくるんでしょうが非常に面白かったです。でも、転職の参考にしようと思っても無駄かも・・。

これ、読む限り、公務員が徐々に哲学者にではなく、元々変わった人が公務員になった・・という感じでした。

さて、閑話休題。

解雇されてから本日、離職票が届きましたので各種手続きの為、ハローワークと市役所に行って参りました。

ハローワークには人が溢れていて、職員さんたちも忙しいのに丁寧に対応していただき誠に感謝しております。

と、市役所の方では解雇された場合、市民税の減免措置を受けられると聞いていたので確認しに行ってきました。

窓口で「すいません、市民税の減免について聞きたいんですが。」と言ったところ

「そのような、制度はありません。」

との答え。

僕の他にもやはり解雇されたおじちゃんやおばちゃんが窓口に来ており、がっかりした様子・・。

実は市の条例を調べた上で窓口に行っていたぼくは

「本当にないんですね?確認したうえでもう一度来ますが、本当にないんですね?」

と再度質問。

「ありません。減免は天災にあった方か、生活保護の受給者だけです。」

ははっ。嘘をつけ!

そこからは課長さんを呼んでもらい、市条例の第○条についてお聞きしたいんですが・・と問い詰めて。

結局、最後はおじちゃん、おばちゃん含めて全員認めさせました。

が、全然嬉しくないのです。

むしろ、自分は普通に払う事にしましたが、悲しかったのが明らかに次の仕事も決まらず途方にくれている、おじちゃん・おばちゃんに嘘をついてまで税金を取ろうとする、その根性が寂しい・・。

税金は払う義務があります。ただ、市民がより良く生活できるために条例が定められてるのですから、せめて窓口の人間には市民目線でいてほしかった・・。

全て終わった後におじちゃん達から「ありがとうございます。」と言われたことに非常に違和感を覚えたのです。

市役所というのは市民の味方ではないのか?なぜ、ぼくは敵対した形になったのだ?

市の条例まで持ち出さなくては当たり前に受けられる制度すら受けられないのか?

もちろん、こういった職員は一部の方だとは思います。

しかし、うるさそうな(ぼくのように)奴が来た時だけ、ああいった対応をするのであれば、一体どれだけの人が騙されてきたのか・・。

情けは人のためではないのだが・・。
スポンサーサイト
[ 2009/02/24 ] | 雑談 | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otokumonn.blog43.fc2.com/tb.php/213-2f37527f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

かもまん大佐

Author:かもまん大佐
FC2ブログへようこそ!

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

お知らせ

検索フォーム

あし@

あし@

QRコード

QRコード

でんでこ

全記事表示リンク
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

プレスブログ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

かうんた
しなぷす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。